お客様のERPのためのクラウドホスティング

高速 - 信頼性 - 安全 - 安価 - スケーラブル

私たちは、お客様のビジネスが ERP  ソフトウェアをウェブ対応のソフトウェアソリューションとしてクラウドに移行することを支援し、お客様が社内のサーバーやメンテナンスにリソースを投資する必要がないようにします。私たちは最高のクラウドホスティングプロバイダーと協力し、お客様のERPがいつでも、どこからでもアクセスできるようにします。

クラウド・ホスティング

私たちは下記のクラウドと協力しています:

CMC cloud logo

CMC クラウド

ベトナム(ホーチミンとハノイ)に新しく整備されたHWを持つ信頼性の高いクラウドホスティングプロバイダーです。

Google Cloud logo

Google クラウド

クラウドの世界でトッププレーヤーの1つです。アジア、ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカに手頃な価格のサーバーです。

OVH logo

OVH クラウド

ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オーストラリアにデータセンターを持つ、リーズナブルな価格のホスティングプロバイダーです。

aws logo

AWS

ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オーストラリアにおいて、最も安全で、広範で、信頼性の高いクラウドプラットフォームの一つです。

ERPをクラウドでホストする理由

   いつでも、どこからでも、ERPにアクセスが可能

ERPをクラウドでホストする主な利点は、自宅やオフィス、休暇中、出張中などで、データやレポートにアクセスできることです。

   ハードウェアを数分でアップグレード可能

より強力なサーバーが必要ですか? ユーザー数を増やしたいですか?RAMで満足していますか? CPU、RAM、SSDはこれまでにない簡単さにアップグレードされました。

   ハードウェアを保守する必要はありません

独自のサーバーを持つことの時間とコストがかかる側面の1つは、メンテナンスです。 クラウドでは、これが100%処理されます。

クラウド・コネクティビティ

クラウド・ホスティングとオンプレミスの比較

クラウドによる解決策がビジネスにもたらす大きなメリットから、オンプレミスではなくクラウドホスティングを選択する企業が増えています。ここでは、クラウド・ホスティングを選択した場合に得られる主なメリットをご紹介します。

小規模な長期・短期投資

オンプレミス型のホスティングでは、ソフトウェア、関連ハードウェア、サーバーの購入・管理に多額の先行投資が必要となります。また、経験豊富なITスタッフがいない企業では、新たな人材の雇用やトレーニングにも時間と費用をかけなければなりません。システムを確実に稼働させるためには、ITチームの時間と予算の投資を考慮に入れることが重要です。

お客様のご要望に応じた柔軟性

クラウド型ERPの主なメリットの一つです。お客様の会社が成長すると、ERPシステムは、お客様と一緒に成長し、すぐにあなたのサーバーをアップグレードする必要があります。あなたがオンプレミスのシステムをホストしている場合は、新しいハードウェアを購入するために時間を投資する必要があります。ITスタッフは新しいハードウェアがスムーズに動作することを確認するために時間が消費されるため、柔軟性が少なくなります。

クラウド・ホスティングでは、ハードウェア・リソースはクラウド・ホスティング・ベンダーによって管理され、お客様のビジネス要件に応じてオンデマンドで拡張することができます。

システムのパフォーマンスとセキュリティの向上

クラウドERPは、しばしばオンプレミスのホスティングよりも優れたパフォーマンスを提供します。クラウド解決策のインフラストラクチャは、ネットワークのパフォーマンスを最大化するように設計されているため、オンサイト解決策よりもシステムの可用性が向上します。また、クラウド型ERPは、パフォーマンスの向上だけでなく、高いセキュリティも実現します。Port Citiesのようなクラウドホスティング・解決策・プロバイダーは、システム・セキュリティをサービス製品質の最優先事項として考えています。

どのホスティングを選ぶべきか、まだ迷っていますか?

どのホスティングが最適なのかを判断するのに役立つ記事を作成しました。

Port Cities のホスティング

サーバーのメンテナンス、監視、定期的なバックアップ。Port CitiesのERPクラウド・ホスティングは、お客様のERPシステムを安全かつ信頼性高くホスティングするための最も厳しい基準を満たしています。

99.9%

のアップタイム保証

当社は、少なくとも99.9%の稼働率を保証する世界中のさまざまなホスティングプロバイダーと提携しています。このアップタイム保証は、ホスティングプロバイダーから直接提供されるもので、計画的なメンテナンスウィンドウは含まれていません。

Odoo

の初期インストールとセットアップ

お客様のサーバーに Odoo と関連する監視ツールをインストールします。また、メールサーバーのインストール、データベースのバックアップの設定、高可用性の設定、ウィルス対策ソフトの設定なども行います。また、ファイアウォールの設定も行います。

24時間

365日のサーバー監視

お客様のサーバーで何が起こっているかを常に監視しています。お客様のサーバーを常に最新の状態に保ち、ディスク、RAM、CPUの使用率などの機能を定期的にチェックしています。アラートシステムにより、お客様のサーバー上のあらゆる活動を24時間365日お知らせしています。

私たちが提供するホスティング保守パッケージ

スタンダード

  • パフォーマンスと信頼性
  • 99.9%アップタイム保証
  • サーバーの監視と保守
  • サーバーの緊急通報
  • 標準サーバーメンテナンス
  • お客様によるサーバーグラフの閲覧
  • サーバーのヘルス&パフォーマンスチェックの定期的な実施
  • マネージド・データベース・バックアップ
  • Odooの初期設定と構成
  • あなたの会社の専用サーバーまたはデータベーススペシャリスト
  • 返答時間の保証付き 4時間以内
  • サーバーセキュリティ
  • 標準的なネットワークベースのセキュリティ
  • ファイアーウォールによる保護
  • パッチマネジメントとセキュリティアップデート
  • DDoSプロテクション
  • ブルートフォースプロテクション
  • ウイルス、マルウェア、ランサムウェア対策ソフト
  • SSLを活用したグレードAのWebセキュリティ
  • 第三者機関による年次ペネトレーションテスト報告書を発行しています。
  • ハイ・アベイラビリティーの考慮事項
  • アプリケーションベースのオートヒーリング
  • Database+Odooの地域(マルチゾーン)カバー
  • Odooサーバーのオートスケーリング
  • ブルーグリーン・デプロイメント戦略
  • データベースの複製(マスター、スレーブ)
  • データベースの自動フェイルオーバー
  • ディザスタリカバリの考慮事項
  • データセンターの事故
    (1つのデータセンター全体が完全かつ恒久的にダウンする)
    *RPO 24 時間
    *RTO 3 時間
  • レポートに関する考慮事項
  • 事業活動指標に対応した詳細な月次報告 
    - SQLクラスター・サービス効率・クエリ分析 
    - 2以上に関するOdooログの実行
    - 3以上に関するネットワーク使用方法 
    各セクション、各ポイントについて、PASS/FAILを出し、各側面への提言をさせていただきます。

プレミアム (おすすめ)

  • パフォーマンスと信頼性
  • 99.9%アップタイム保証
  • サーバーの監視と保守
  • サーバーの緊急通報
  • 標準サーバーメンテナンス
  • お客様によるサーバーグラフの閲覧
  • サーバーのヘルス&パフォーマンスチェックの定期的な実施
  • マネージド・データベース・バックアップ
  • Odooの初期設定と構成
  • あなたの会社の専用サーバーまたはデータベーススペシャリスト
  • 返答時間の保証付き15-30分
  • サーバーセキュリティ
  • 標準的なネットワークベースのセキュリティ
  • ファイアーウォールによる保護
  • パッチマネジメントとセキュリティアップデート
  • DDoSプロテクション
  • ブルートフォースプロテクション
  • ウイルス、マルウェア、ランサムウェア対策ソフト
  • SSLを活用したグレードAのWebセキュリティ
  • 第三者機関による年次ペネトレーションテスト報告書を発行しています。
  • ハイ・アベイラビリティーの考慮事項
  • アプリケーションベースのオートヒーリング
  • Database+Odooの地域(マルチゾーン)カバー
  • Odooサーバーのオートスケーリング
  • ブルーグリーン・デプロイメント戦略
  • データベースの複製(マスター、スレーブ)
  • データベースの自動フェイルオーバー
  • ディザスタリカバリの考慮事項
  • データセンターの事故 
    (1つのデータセンター全体が完全かつ恒久的にダウンする)
    *RPO 5 分
    *RTO 10 分
  • レポートに関する考慮事項
  • 事業活動指標に対応した詳細な月次報告
    - SQLクラスター・サービス効率・クエリ分析
    - 2以上に関するOdooログの実行 
    - 3以上に関するネットワーク使用方法
    各セクション、各ポイントについて、PASS/FAILを出し、各側面への提言をさせていただきます。

* RPOはRecovery Point Objectiveの略で、「最大で○○の仕事が失われる」という意味です。
* RTOはRecovery Time Objective(目標復旧時間)の略で、最大○○時間後にサービスが再開されることを意味します。

PortCiiesのサービスレベルアグリーメント

Port Citiesが提供するホスティングソリューションに含まれるすべてのサービスをご紹介します。

ODOO ERPのクラウドホスティングに関するよくある質問

ホスティングに必要なハードウェアを見積もる際に考慮する必要があるいくつかの側面があります。次の基本的な質問に答えられるはずです。

  • Odooに同時にアクセスするユーザーは何人ですか? 同時ユーザー= Odooに同時にアクセスする内部Odooユーザー。

  • 業務範囲を教えてください。 あなたはウェブサイトまたはeショップを運営しますか? お客様は毎日何人の訪問者を期待していますか、お客様は毎日何件の注文を受け取りますか。

  • ホスティングのお支払いは年単位で可能ですか、それとももっと頻繁に低額をお支払い予定ですか?

通常、Odooに必要な最小構成(最大10人の同時ユーザー)は、2 CPU、4 GB RAM、40 GB SSDです。

これに対する普遍的な答えはありません。

  • お客様の会社はどこにありますか?

  • Odooでウェブサイトを運営している場合、どの市場(国)をターゲットにしていますか?

  • サーバーホスティングの予算はいくらですか?

  • お客様はお客様のホスティングを毎年支払うことができますか、それともより少ない金額を頻繁に支払いたいですか?

私たちのサーバーチームは、お客様のビジネスに最適なサーバーホスティング解決策について、ご相談を承ります。 お気軽にお問い合わせください。.