ERPとは? 

Odoo responsive mobile, tablet, desktop

エンタープライズリソースプランニング(ERP)は、企業がビジネスの重要な部分を統合および管理できるようにするビジネス管理ソフトウェアです。ビジネスとその運用に関するデータと情報を管理するためのプラットフォームです。 ERPは、製造、倉庫、販売、マーケティング、人事、経理など、いくつかの部門から生じる情報を統合します。

プロセスを合理化

ERPは会社をデジタル化するだけではなく、正しいプロセスを設定し、プロセスを合理化し、すべてのアクティビティに明確な責任を設定するのに役立ちます。

操作を自動化

ERPシステムは時間を節約し、日常業務(購買、経理、給与、求人、在庫、販売)を自動化し、コアビジネスに集中してもらえます。

すぐにレポートを作成

すべてのデータを一か所にまとめることで、売り上げ、在庫レベル、損益、すべての部門のレポートとグラフをすぐ作成できます。

より良いサービスを提供

ビジネス活動を管理することで、すべての利害関係者(クライアント、従業員、ベンダーなど)に、より良い品質のサービス、サポート、経験を提供することができます。

ERPシステムのタイプ

クラウドERP

このシステムには、いつでもどこからでもアクセスできます。必要なのは信頼できるインターネット接続だけです。

オンプレミスERP

データは独自のサーバーとデバイスでホストされ、データを完全に制御できます。

ハイブリッドERP

クラウドとオンプレミスの両方のアプローチを組み合わせて、ビジネスの具体的なニーズをサポートします。

どのシステムを選択するばいい?

Odoo SAP Oracle Dynamics ERP

大規模ERP(SAP、Oracle、Dynamics)

幅広いビジネス機能を備えた完全に統合されたソリューション。 これらのソリューションは予算が集中し, 大企業や企業に適しています。中小企業には手頃な価格ではないため, 大企業に向いてます。

バーティカルアプリ(SalesForce、Trello、HubSpot)

1つのプロセスまたはフローに重点を置いた、柔軟でユーザーフレンドリーなソリューションです。それらは統合されておらず、自動化の可能性は限られています。価格が安いため、中小企業がよく検索されています。

Odoo ERP→すべてのメリットの組み合わせ

大規模なERPシステムとバーティカルアプリの最高の組み合わせ→幅広い機能性と自動化と柔軟性と予算にやさしい価格設定。

ERPに関するよくある質問(FAQ)

私の会社がERPを必要とする兆候は何ですか?

主な指標の1つは、洞察の非効率性です。 実際、在庫を正しく管理できなかったり、顧客満足度を監視し続けたり、リードをクライアントに変換したりできない場合、会社はERPから大きな利益を得ることができます。 ERPのおかげでプロセスが合理化され、会社が適切に機能できるようになるため、会社全体のさまざまな部門間のコラボレーションの欠如も悪い兆候です。

収集しているデータを合理的に管理できない場合、またはさらに悪いことに、収集できない場合、ERPは非常に興味深いものになる可能性があります。.

ERPは大企業にのみ適していますか?

コストの関係で大企業だけが長期間使用するツールでしたが、現在では、ERPシステムはすべての企業に採用されています。ERPを使用するのは大企業だけであるという誤解は、ERPシステムに関する認識と誤解につながる可能性があります。実際のところ、ERPは、中小企業から大企業まで、あらゆる企業がビジネスプロセスを自動化できる貴重なツールです。ERPを含むさまざまなソフトウェアアプリケーションのセットが、業界の企業に提供されています。 市場でのオファーの増加のおかげで、ERPはあらゆる企業に適応できるようになり、大企業に限定されるものではありません。 結局のところ、どの企業もERPのメリットから大きい利益を得ることになるでしょう。

CRMとERPの違いは何ですか?

ERPには、財務、人事、在庫管理、調達、流通、CRMなどのさまざまなビジネスプロセスの機能が含まれています。主な目標は、情報を一元化しながら操作を合理化することです。

CRMはCustomer Relationship Managementの略で、CRMシステムは顧客の満足度を追跡するために構築されています。 実際、広告のターゲティングが改善されたか、パーソナライズされたコミュニケーションにも関わらず、主な目標は顧客を幸せにすることです。 これはフロントオフィスで使用されるソフトウェアです。つまり、営業やマーケティングなどの部門だけが使用することになります。

対照的に、ERPはCRMソフトウェアと比較して、財務、人事、在庫管理など、さまざまなワークフローにわたるプロセスを促進できます。これは、CRMがより的を絞ったビジネス全体を網羅するシステムです。 実際、これは顧客関連の問題に合わせて調整されたソリューションです。それにもかかわらず、OdooなどのERPはCRMを統合できます。 簡単に言えば、これら2つの違いはスコープです。ERPは通常CRMや他の多くの機能をカバーしますが、CRMは純粋に顧客との関係管理に焦点を当てています。

 ERPシステムをどのように選択すればよいですか?

ERPシステムを正しく選択するためには、会社のプロセスを深く理解する必要があります。 実際、ビジネスに何が必要かを明確に理解していない場合、ERP実装に関して良くないスタートを切る可能性があります。 適切な関係者を十分に特定し、要件のリストを確立したら、良いスタートを切ることができます。 また、ERPはビジネスの構造の中核となるコンポーネントであり、以前に使用されたシステムを統合することは有益である可能性があることにも留意してください。 考慮すべきもう1つの側面は、現在のユーザーの参照とレビューです。 確かに、お客様の業界または同様の業界からの参照を求めることは、お客様の決心をするのを助けることができます。 ERPが同様のセクターの別の会社でどのように機能したかを理解すると、いくつかの質問が明確になり、意思決定に影響を与える可能性があります。

ERPの範囲に応じて、そのコストは異なります。 実際、大企業向けのシステムはニッチなソフトウェアよりもコストがかかる傾向がありますが、オーダーメイドのソリューションはコストをかけずに非常に実り多いものになります。 その要件を理解している企業は、重要なソリューションの実装に集中することにより、コストを節約できます。 ライセンスコスト、メンテナンス、ホスティング、カスタマイズのコストも考慮する必要があります。

実際、ある企業が必要とするERPシステムは別の企業と同じではないため、コストは必要なスコープとカスタマイズに大きく依存します。